メインイメージ画像

事務所の賃料

新しく事務所を構える場合、賃料を重視している人も多いでしょう。そんな人は、実際に契約をする際には賃料の改定方法について確認しておく必要があるでしょう。一般的には改正は契約を更新する際に行うことが大半なのですが、契約書に「甲の申し出によって」などと記載がある場合は注意が必要です。これはオーナーの申し出だけで賃料を変えることができるものですので、もしも改定後の賃料に納得できなくても文句は言えません。借りる側が安心なのは、両者の合意がなければ賃料の値上げを実行することができない、「甲乙協議」と書かれた契約書です。後のトラブルを回避するために、そういった点を確認することを覚えておきましょう。実際に契約をする時には不動産屋などが間に入り、双方が満足できる契約が結べるようにしてくれるはずですので、ささいなことであっても何か気になることが見つかれば、すぐに相談をして解決していくということが重要だといえますね。

イメージ画像

事務所の引越しをする際に、最も大切なポイントといえるのは、スケジュール管理でしょう。引越しする時にはやらなければならないことが山のように出てくるでしょう。引っ越し先のオフィスを決めることから始まり、内装工事を行う業者と相談をしたり、電話やネットの回線を手配すること、取引先などへの連絡、引越し業者への依頼など、引越しが終わるまでとても多忙になります。順調に作業を進めていく為に、スケジュールの管理はきちんとしておく必要があるでしょう。こういった移転についてアドバイスをくれる専門家もいますから、中々準備が進まない方は話をしてみてはどうでしょう?新しい事務所に荷物を移したら、今まで使用していたオフィスの原状回復をしていかなければいけません。一般的な住宅とは異なり、クロスなどは借り手が新しくすることが大半のようです。このような原状回復は各物件によって義務範囲が違いますので、前もって契約書を確認して準備しておくことが必要になるでしょう。

更新情報