メインイメージ画像

事務所の費用

事務所を借りる際に驚くのが高額な初期費用なのではないでしょうか。多くの貸事務所は、世間一般の住宅よりも保証金が高額になることが多いでしょう。不動産屋に支払う仲介手数料などと合計してみたら、大きな出費になります。せっかく気に入った事務所を発見しても、費用が高すぎると諦めていませんか?そのような時はすぐに諦めてしまわず、不動産屋に交渉してみると良いかもしれません。長期間借り手のない物件や景観が悪い場所、日が当たらない立地、使いづらい間取りなど、何かの「ワケアリ」であれば、不動産屋も交渉に応じることがあるようです。あともう一点チェックしなければならないのは、内装や電気工事を行う指定業者がいるかということです。ビルオーナーによって事前に業者を決めているということがあるのですが、そのようなケースは費用が高額になってしまうことがあるため、事前に指定された業者がいるかどうか、またどういった業者に依頼するのかを知っておく必要があるのです。

イメージ画像

事務所の引越しをする時に、最も大切なポイントとなるのは、スケジュール管理でしょう。引越しする時にはしなければならないことは沢山あるはずです。新しい事務所を探すことから始まり、内装工事を行う業者と話をしたり、電話などの回線を用意すること、顧客などへの連絡、引っ越し業者の選択など、引越しが終わるまで大変忙しくなります。スムーズに作業をこなしていくために、日程管理はちゃんとすることが必要です。事務所の移転についてアドバイスをしてくれる専門かも存在しますので、中々手が回らない人は相談してみてはどうでしょう?新しい事務所に荷物を移し終わったら、今までの事務所の原状回復をしなければいけません。一般の住宅とは違い、クロスやカーペットは借主が新しくすることが大半です。このような原状回復はそれぞれの物件によって義務範囲が異なりますので、前もって契約書をチェックして準備しておくことが必要になるでしょう。

更新情報